女性

トリマーの資格を最短で取る|飼い主に好かれるようなトリマーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクのプロになる

メイク

メイクは女性なら普段からすることですが、それを職業とすることが可能です。例えば、雑誌のモデルさんやCMに出演する有名人、ファッションショーのモデルさんなどにメイクをする仕事になりますが、専門学校で勉強をしてメイクアップアーティストとして働くことができます。それ以外にもエステや結婚式場のスタッフ、化粧品売り場のスタッフとしても働けるので、活躍の場が広いです。また、技術がつけば会社に所属することなく個人でフリーとして働く人もいます。興味があるのであれば専門学校のパンフレットを取り寄せてどのような仕事があるのか確認しましょう。
色々な場所で働くことができるメイクアップアーティストですが、働く場所によって仕事内容が異なります。まず、メイク専門の企業に所属しているのであればCMや雑誌などメディアの仕事が大半になりますので、有名人などにメイクをすることが可能です。化粧品会社で働くことになると化粧品作りに携わることが可能です。結婚式場で働くのであれば花嫁さんなどにメイクをすることが多く、挙式のときには花嫁のヘルプをすることもあります。もちろんメディアのモデルさんと花嫁さんではメイクの仕方が異なります。これらは専門学校で基礎を学び現場でさらに技術を磨くことができるでしょう。フリーで働くには企業や個人から依頼があってメイクの仕事がもらえますが、仕事の依頼があるというのは依頼主から信頼されていることですので、会社に所属していても個人で仕事があるのであれば技術などが評価されていることになります。色々な働き方があるので、ネットなどでメイクアップアーティストの勉強ができる専門学校を調べてみてください。