女性

トリマーの資格を最短で取る|飼い主に好かれるようなトリマーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

知識も技術も必要

ネイル

女性であれば一度はネイルをしたことがあるはずです。以前は1色だけを塗る人が多かったですが、最近では指ごとに色を変えたり模様を入れたり、チップをつけたりする人がいます。ネイルを自分で塗っていて楽しくなり、ネイリストになりたい人もいるでしょう。まず、ネイルには試験があり、その中でも有名なのがネイリスト技能検定試験で、1級から3級まであります。1級は海外でもプロのネイリストとしてやっていけるレベルで技術だけでなく知識をしっかりと理解していなければなりません。1級はネイルサロンなどで働くには十分の知識や技術を持っているレベルです。ネイルケアやデザインなどができる必要があります。3級はネイルケアの手順ができればいいような初級レベルです。最近ではジェルネイルが流行っており、その影響で検定試験までできてしまいました。初級は基本的な知識や技術、上級はネイルケアなどがプロレベルでできることです。
資格のなかにはネイリスト技能検定試験やネイルスペシャリスト技能検定試験など素人には全く違いが分からない試験があります。この2つの試験の違いはまず主催している協会が異なり、前者はネイルサロンで働くときの水準に利用されていて、後者は学生からプロレベルまでがそれぞれの階級を受けることができるのです。ネイリストとして働くときに特別必要な資格はありませんが、就職するときにはやはり資格を持っていると有利になることが多いです。なので、ネイルサロンで働きたいのであれば資格を取るようにしてください。